ジェネリックと国内承認

薬のジェネリックと国内承認手続きについて説明します。医薬品は国内のメーカーが独自に開発した商品と、外国から輸入されている商品があります。どちらも厚生労働省の国内承認手続きを経なければ、販売をすることができます。もちろん、これは日本だけの制度ではなく、多くの国が採用している制度です。薬の効果をきちんと確かめずに製造販売して、生命の危険や重度の副作用に見舞われる危険性を回避するためです。これは国民の生命を守ると言う国の重要役割と言えます。そのため、今後どれだけ医学が進んでも国内承認と言う制度はなくならないでしょう。一般の人の中には外国で承認されている薬をわざわざ日本でチェックする必要はないのでないかと言う意見を持っている人もいますが、それは大きな間違いなのです。国家の役割なのです。

 

さて、ジェネリック医薬品とは製薬の特許期間が切れた後に製造される同じ成分の薬です。利用率の高い医薬品を他のメーカーが同じ成分で製造するのです。成分が同じであれば、同じ効果を持つことは自明のことです。
つまり、ジェネリック医薬品を作る会社は、ほとんど開発のための試験をする必要がありません。ジェネリック医薬品の価格が安くなるのは開発費がかからないためです。単純に考えれば、製造コストと材料代だけで済みます。現代の医薬品製造技術を使えば、ある薬のコピーを作ることは難しくありません。ED治療薬のバイアグラは高価な薬です。しかし、ジェネリックの登場により、安価なバイアグラが期待されています。

 

▼ED治療薬の販売店▼
薬通販、個人輸入のくすりエクスプレス